作業の手順について

バッグの持ち手部分の傷み・外れを補修する作業を手掛ける業者では、まず、壊れている持ち手を取り外す作業から始めます。持ち手の接合方法は、一つひとつのバッグによって違いがあります。したがって、持ち手を取り外す場合、それぞれの接合方法の特徴を理解した上で、本体に傷をつけないよう、適切な方法で作業を行なう必要があります。

そのようにして取外しの作業が終わったら、次に、補修する場合は、元の革と似ている革を貼り合わせる作業に入ります。この時に、代替となる革の在庫があるかないかで、補修作業の可否が変わって来ます。持ち手の中でも、特殊な材質を使用しているものの場合、代わりの革が見つからないという理由で、修理を依頼しても断られる場合もあります。

そのようにして、持ち手の補修が終わったら、それを元の状態と同じように、本体へ取り付け、専用のミシンで縫合することで、持ち手交換の作業が完了します。バッグの持ち手を修理する場合、代わりに使用できる革の在庫があれば、それほど長い作業時間は掛かりません。

場合によっては、持込みで修理を依頼し、その場で作業を行なってもらうことも可能です。したがって、時間的な余裕がない場合でも、試しに業者へ問い合わせてみることをおすすめします。

他に関連する情報