持ち手のバッグ修理

バッグの持ち手が壊れてしまい、バッグ修理にお困りの方がおられるかも知れません。持ち手の部分は、直接握っていることもあり、消耗が早く、トラブルが発生するリスクもそれだけ高くなります。持ち手部分の傷みや外れは、場合によっては、自分で修理することも可能です。

こうした方法を実践すると、業者に支払う工賃や、業者への依頼に掛かる手間暇を節約することが可能になります。ただし、持ち手に限った話ではありませんが、バッグの修理作業を行なうには、それなりのスキルが必要とされます。

特に、構造が複雑なバッグや特殊な素材のバッグは、トラブルが発生した時、自分で補修することが難しくなります。そのような問題を解決するためには、専門の業者に依頼するのがおすすめの方法です。専門業者では、修理の依頼を受けると、まず、壊れている持ち手を取外します。

この作業を行なうに際しては、本体に傷をつけることのないよう、注意する必要があります。そして、持ち手を取り外した後は、補修の場合は、元の革と似ている革を貼り合わせます。こちらの工程では、代わりの革があるかどうかによって、補修作業の可否が変わって来ることとなります。

このカテゴリーでは、バッグの持ち手部分の修理について、詳しく解説してまいります。皆さんの中で、バッグの持ち手が壊れてしまい、どのように対処すれば良いか分からなくてお困りの方は、チェックして、実生活の中で役立ててみて頂ければ幸いです。

他に関連する情報

関連資料|かばん 修理 … バッグ修理|靴専科のサービス|靴・バッグの修理・クリーニングなら靴専科